感想 音楽

女子は共感できない?高嶺の花子さん/back number

更新日:

誰もが共感できる曲?

back numberの高嶺の花子さんという曲。一時期話題になってた曲。僕も名前だけは聞いたことがありました。ブログをワードプレスに移行という重作業中、Youtubeで見つけてリピート再生してヘビロテ。すげえ歌詞!こんな経験あるあると思いました。ちと感想を書いてみたいと思ったので早速執筆。

友達の友達がすげえ美人だった

君から見た僕はきっと ただの友達の友達
たかが知人Bにむけられた 笑顔があれならもう 恐ろしい人だ

ってところから曲が始まるわけですよ。美人で性格も(おそらく)良い女の子。もちろん一目惚れをしてしまう。そんな事ありますよね。数少ない割とリア充な友達が友達を連れて来るの。で女の子だったんだけど、すげえ美人なの。「あ、どうも。」みたいな素っ気ない挨拶をしちゃうの。

家帰ってから、その子の事ばっかり考えちゃう。かといってあんまりその子の事知らないから、色々妄想しちゃうの。友達にその女の子の事を聞けば良いのに、変なプライド的な物が邪魔をして聞けない。そんでますます妄想をする。

そんな事ありません?それを如実にあらわしているのがこの曲です。

スポンサーリンク

とにかくネガティブ

そしてこの曲の特徴がとにかくネガティブな主人公。

会いたいんだ 今すぐその角から 飛び出してきてくれないか
夏の魔物に連れ去られ 僕のもとへ

魔物って悪いことをするヤツじゃないですか。この場合、その悪いことをするヤツに連れ去られた結果が、僕の元へ君が来ることになる。どんだけネガティブやねん!なんでそんなに自分に自信がないんだ!でも、すげえわかりますその気持ち。痛いほどその自信がない気持ち、わかります。

君の恋人になる人は モデルみたいな人なんだろう
そいつはきっと 君よりも年上で
焼けた肌がよく似合う 洋楽好きな人だ

キスをするときも 君は背伸びしている
頭をなでられ君が笑います 駄目だ何ひとつ 勝ってない
いや待てよ そいつ誰だ

2番のAメロとBメロ。美人の恋人は年収が高い、完璧超人みたいなイケメンだろうという妄想炸裂。なんでそんな妄想しちゃうかっていうと、実際そのパターンが多いからですよ。美人にはイケメンみたいな。だいたい感じの良い美人はどうせ彼氏がいるんでしょ。で勇気を出して聞いてみたら、案の定彼氏がいたみたいなね。

そんな経験があるからこの歌詞のような、具体的でネガティブな妄想をしてしまうわけです。

結局何も行動していない

色々とグダグダと妄想している主人公だが、実は何も行動を起こしていない。

この胸の 焦りに身を任せ 君のとこへ走ったとして 実は僕の方が
悪い意味で 夏の魔法的なもので 舞い上がってましたって 怖すぎる
オチばかり浮かんできて

Cメロのこの歌詞。舞い上がっているわけですよ。それはもうねぇ。で、勇気を出してデートに誘ってみたら「誰あんた!バカなの?」って返事が返ってきて断られる。そんな妄想をしてしまって何も行動ができねぇ、悪いイメージしか出てこねえって状態。

結局、全く他者が関与していない自分の妄想だけでこの歌は終わる。普通の曲なら、「勇気を出して告白してみよう」→「君は満面の笑顔で頷いた」ってなるじゃん。それを悶々とした状況で終わらすのがすごいところ。back numberさんのセンスには本当に脱帽です。

女子に問いたい

この曲を聞いてどうでしょうか。気持ち、共感できますか?女の子からしたら、こんなヘタレ野郎とは絶対に付き合いたくないと思うでしょう。実在する男性の大半はこの歌詞のようなネガティブ野郎です。でも、勇気を出そうと踏み出そうとしているのです。そこだけは評価して下さい。

-感想, 音楽

Copyright© 気になること書く。 , 2019 All Rights Reserved.