おすすめ 感想 日々の生活

【ブログ運営】ワードプレスは孤独な戦い

更新日:

ブログサービスあれこれ

ブログを運営した事がある人なら、ある程度わかってると思いますが…世の中には色々なブログサービスがあります。有名人も使ってるアメブロ。昔ホリエモンが社長してた会社のライブドアブログ。デザインもキレイでコミュニティも強いはてなブログエロ動画で有名なFC2が運営するFC2ブログ

こんだけサービスがある。登録すれば即日ブログが始められる親切設計。管理人は最初FC2から始めて、ワードプレスというサービスに移行しました。

ワードプレスは自分でサーバーとドメインを用意する玄人向けのブログ。そして自由度が高い。ロマサガ的な自由度を求める管理人はバガボンドの武蔵の様に

俺は自由自在だ!

引用:「バガボンド」より

って勢いで1ヶ月でFC2ブログを辞め、ワードプレスに移行しました。しかし、これが長い孤独の戦いになるとは思ってもいなかった。。。

ぼっちはブログでもぼっち

先程紹介したブログサービス、特にはてなブログはコミュニティが強いです。文化祭でワイワイやってる感じ。「ちょっと~男子手伝ってよ!」って女の子が言ったり。「俺、今日あの子に告白するわ!」って盛り上がったり。※あくまで個人的主観

上記の様な仲間意識なので新規でブログを設立しても、一人じゃありません。文化祭みたいに他の教室も見てみよう!ってな具合で新しくブログを建てたばかりでも、読んでくれる人がいます。

青春生活そのものじゃん!俺もまぜてよその輪に!

対してワードプレスというものは、文化祭やってる学校の隣の小さな空き地で展示物を始めた様なもの。仲間なんて誰も居ない。助けてくてる人も居ない。見に来るのも物好きな人か、間違えて来た人のみ。はてなブログみたいに、仲間意識を持って見に来てくれる人は皆無!

事実、最初の3ヶ月は1日3アクセスあれば上出来って感じでした。更新しても更新しても誰も見に来ねえ!実生活同様、ブログでもぼっちになるとは思わなかったわ。

ブログ始めたいって人がいるなら、はてなブログを始めろ!僕は自信を持ってオススメできる。

スポンサーリンク

孤独に記事を書き続けた結果

それでも死んだ魚に失礼ってくらいに、死んだ魚の様な目をしながらブログの更新を続けました。何にも反応ないの。アクセス数も全く上がらん。教室の隅でお昼を一人で食べるくらい孤独に更新を続けた。その結果、1週間で300PVいただけるブログに成長しました。

300人も見てくれてるんだぜ!その中には年配の方だったり、美人な人だったり、そうではなかったりする人がいるってこと。もしかしたら、石原さとみとか新垣結衣とか本田翼が見てくれてるかもしれん。

こう考えると夢が広がりまくってしまう。もしかしたら、問い合わせから新垣結衣がメッセージくれる→会うことになる→フライデーされる。みたいなクソカス妄想を繰り広げてしまうわけです。

もしくは、僕のくだらん記事を読んで「こんなヤツでもがんばってるんだな。彼女にプロポーズしよう!」ってなって結婚しちゃったら素敵すぎるやん

僕のブログを読んで、ほんの1ミリでもその人の人生が良い方向に向う。そうなってくれたらメチャクチャ嬉しい。

それでも交流がない!

ある程度ブログを読んでくれる人が増えたのは実感してる。

でも全く交流がねえ!!!!!

未だにはてなブログのワイワイ感に憧れるわ。僕のブログを見てくださいよ。Twitterとか、Facebookとか、はてブのボタンを設置してるの。未だに0だからな!トップページのグーグルマークが1ってなってるけどな。あれは俺が自分で押したんだからな!

そして極めつけはコメントの数。未だに0!永遠の0!

赤文字ばっかで見にくくなっててすみません。赤文字はマイナス、青文字はプラスの意味でこのブログでは使っております。わがままだってわかってるんです。ブログ見てくれるだけでありがたいんです。だけど…

記事の感想とかコメントを下さい!

この大インターネット時代でみんなと交流がしたい。多愛もない事を話したり、意見交換とかしたい。ああでもない、こうでもないって言うの楽しいじゃん。そんな事ができたら嬉しいですよ。

まとめ

ブログを始めると良いことも悪いこともあります。僕は1記事描き上げるのに速くても2時間はかかります。その2時間かかって書き上げた記事が、誰にも読まれないのは精神的に結構キツイです。

だけど、見てくれる人が徐々に増えていくのは本当に嬉しいです。自分の記事を読んで何かを感じ取ってもらえたら、それこそ本望ってヤツです。

もしブログを始めたいって人がいたら、断然はてなブログをオススメします。ワードプレスは初心者には敷居が高い気がします。正直僕はよくわからないまま、ワードプレスを使ってます(爆)

-おすすめ, 感想, 日々の生活

Copyright© 気になること書く。 , 2019 All Rights Reserved.